ご意見は、こちらまで。

 

1.英会話なんて簡単だ  (イタクラっている英語で世界と話そう)

2.イタクラっている英語の各論を伝授しよう

3.日本語を考える 

4.プロジェクト・コミュニケーション・文化New 2006.8

5  リンク集

     板倉稔の経歴  

 

 「プロジェクトの解明(日科技連出版社)」、「知のモデリング(日科技連出版社)」、「システム構成論(丸善)」「スーパーSE(日科技連出版社)」の著者の板倉稔のホームページです。

 

地球上でプロークン英語を話す人口が大多数です。ブロークン英語が標準英語なのだと考えよう。問題は中身です。つまり、「イタクラッている英語を日本的英語の典型として、中身を持っている人がみんなで使い、世界が我々の英語を国際語として学ぶ様な世の中をつくりたい」これが、第一の思いです。この思いは、慶応義塾大学の鈴木孝夫名誉教授の影響を受けています。

 

    第二の思いは、「我々日本人はもっと自信を持とうよ」ということです。  1980年代にはデマルコが「日本から、もっと学ぼう」と言った。今は、学ぶだけで、自分で考えない国になってしまったのではないかと危惧しています。

 

  気まぐれ男なので、定期的に更新することはしませんが、気が向いた時に更新します。たまに、のぞいてみて下さい。

 

  リンクは、無断で、お好きにして頂いて結構です。しかし、本サイトの記述内容の著作権は、板倉稔にあります。禁無断転載です。